学資保険の月々の相場はいくらくらい?

保険に加入する際に考えることといえば、保険料と満期保険金をいくらくらいにするかということです。満期保険金を高くすると、その分毎月に保険料を多く払わなければならず、家計への負担が重くなっていき、逆に安くしすぎると、支払う保険料自体は安くて済みますが、保険金で学費を十分に賄うことができない可能性が出てきます。

実際に学資保険の加入者は月々いくら保険料を支払っているのでしょうか。小学生以下の子供がいる主婦を対象に行ったある調査によると、10,000~15,000円の間で保険料が設定されていると回答した主婦が最もおおく、次いで多いのが5,000~10,000円の間となっており、15,000円以上を支払っていると回答した世帯はほとんどいませんでした。

この調査をもとに考えると、学資保険の保険料の相場は5,000~15,000円程度といえるでしょう。確かにこれくらいの範囲であれば、毎月の給料の中から無理なく保険料を支払って、将来のために積み立てていくことができます。この範囲の中で保険料を設定した世帯では、満期になったときには保険料を少なめにしたケースだと100万円程度、多めにしたケースだと250万円前後の満期保険金を受け取っています。金額だけ見ると多額ですが、子供を4年制大学に通わせる場合だとこの程度の満期保険金では不十分で、不足している部分は学資保険の積み立てとは別に貯蓄をして賄っている世帯が多いのが現状です。

Previous

Next